活動概要

クラブ活動

クラブ紹介

明るく・楽しく・激しく「自ら考える野球」を実践!

創部3年目となる硬式野球部は、現在2年生(野球部2期生)8名・1年生(野球部3期生)17名・女子マネージャー3名の総勢28名で活動しています。「九州地区大学野球連盟 北部九州ブロック大会 1部リーグ戦」では全日本大学野球選手権への出場をかけ戦います。また「九州インカレ」「北九州・下関地区インカレ」が主な出場試合となります。学生主体に「全員全力・エンジョイベースボール」を追求し、「周りの方々から応援していただけるチーム」を目指しています。2年間という限られた時間の中で、仲間と共に己を高めていきましょう。

硬式野球部ブログはこちら

学友会
学友会
学生が主体となって学校行事を企画運営。

シャロン祭(学園祭)や新入生バスハイクなどの大きなイベントをはじめ、オープンキャンパスのスタッフ、礼拝の司会など、さまざまな学校行事の企画運営を行なうことが、私たち学友会の主な活動内容です。メンバーには、自主性や積極性を持った学生が多く、ほぼ全ての活動を主体的に行なっています。私たちが企画した行事で、みんなが楽しんでくれている姿を見ると、本当に良かったと思いますね。これからもメンバー一同協力しながら、いろいろなことにチャレンジしつつ活動していきます。

テニス部
テニス部
今年も全国大会優勝を目指して頑張ります!

折尾愛真短期大学のテニス部は、現在全国大会で3連覇の実績を誇り、優勝の常連校として、全国的にも知られている強豪クラブです。練習メニューは自分たちで決めており、平日は朝練、土日は1日練習など、日々練習に励んでいます。2年生4名、1年生2名で活動しており、部員は学校からの支援、先生方、家族、たくさんの支えがあってテニスができていることへの感謝の気持ちを常にもち、明るく、真面目に活動しています。昨年の全国大会優勝に続き、今年は4連覇を目標に仲間と力を合わせて頑張ります!!!

ハンドベル部
ハンドベル部
心地よい、キレイな音色にいやされます。

私たちハンドベル部は、クリスマス礼拝、学園祭などの学内行事や、老人ホーム、ショッピングセンターなどでの演奏活動を行なっています。また、年に1度、開催されるハンドベルフェスティバルにも参加しています。ハンドベルの魅力は、癒されるような、キレイな音色です。全員で協力し合いながら、音が揃うように練習していくことで、だんだんと息の合った演奏ができるようになります。これからも、聴いている人が心地よい気持ちになれるような素晴らしい演奏ができるように、みんなで頑張りたいと思います。

その他のクラブ

クラブ活動
  • ●宗教部
  • ●華道部
  • ●茶道部
  • ●コンピュータ部
  • ●E.S.S.
  • ●旅行研究会
  • ●シグマソサエティ
  • ●美術部
  • ●写真部
同好会
  • ●スポーツ同好会

国際交流

平和な世界の構築に貢献できる、真の国際人を養成します。

本学における国際交流は、単に国際感覚を養うものではありません。
様々な国の人々と、心と心のコミュニケーションを深める機会を通し、世界平和の道にもつながる、真の国際人を育成しています。

世界各国の姉妹校
  • 私の夢は日本で商売をすること。
    そのためにもっと知識を深めたい。

    バングラデシュウルミ バルアさん(バングラデシュ)

    私は日本語をもっと勉強するために日本へやってきました。折尾愛真短期大学を選んだのは、宗教を大事にしている大学だからです。私自身は仏教徒ですが、バングラデシュの学校ではヒンズー教を学んでいました。この学校ではキリスト教について学べるので、とても興味を持っています。宗教は良い人になるために必要だと思いますし、宗教を持たない人生はもったいない気がします。この学校で日本語やキリスト教の他にも、いろんなことを勉強しながら知識を深めて、日本で商売をすることが私の夢です。

  • いつも最善を尽くせる
    グローバルな人材になりたい。

    韓国ユ ミンジさん(韓国)

    留学を通して見聞を広めたい、このグローバルな時代にふさわしい人材になりたいと思い、私は日本へ来ました。折尾愛真短期大学を選んだのは、私の好きな日本語を使いながら働ける、観光・旅行業界への就職を目指したいと考えたからです。現在は、日本の文化やビジネスのマナー等を学びながら、いろんな国の学生との会話を通して、コミュニケーション術も養っています。これからも将来の目標に向かって、いつも最善を尽くしながら、グローバルな人材になれるよう頑張りたいです。

  • 「この目で日本を見てみたい!」
    私の夢を留学が叶えてくれました。

    ベトナムグェン ティ タイン トゥイさん(ベトナム)

    日本に興味を持ったきっかけは、小さい頃に観た日本のアニメ『ドラえもん』です。それからは独学で、日本語の勉強をし始めました。理解を深めるうちに、もっと日本のことを知りたい、日本の文化や習慣も学びたいと思うようになり、折尾愛真短期大学への留学を決意しました。将来は観光関係の仕事に就きたいと思い、観光ビジネスコースを履修しています。留学を通して、日本の歴史やマナー、ルール等を学ぶ今、「実際に、日本をこの目で見てみたい」という私の願いが叶いました。

  • 優秀な通訳者となって、
    日中民間友好交流の架け橋に。

    中国王 宇さん(中国)

    折尾愛真短期大学は、留学生が多く、学生に多様性があり、環境や交通の便も良く、留学するには理想的な大学です。先生も素晴らしい方ばかりです。本学での授業やコミュニケーションを通して、日本語のレベルアップはもちろん、日本人の考え方や習慣も学ぶことができました。同時に、外国で暮らす経験ができたことで、自分に自信が持てるようになったような気がします。将来は、日中民間友好交流の架け橋となれるように、優秀な通訳者を目指して、これからも精一杯頑張ります。

  • 日本は親切で優しい人が多く、
    住みやすいのが魅力ですね。

    ベトナムドン サトマス ペレラ ディルカ プラサンティ ラジャパクシャさん(スリランカ)

    私は子どもの頃から日本に興味があり、高校でも日本語の勉強をしていました。高校卒業後の進路を考えている時、「日本の大学を卒業して、日本で就職をしたい」と思うようになり、折尾愛真短期大学への留学を決めたのです。本学は、世界中の留学生と会話したり、仲良くできたりするのが良いですね。また、日本は親切で優しい人が多く、住みやすいのも魅力だと思います。これからもずっと日本で暮らしたいです。そのためにも日本での就職を目指して、専門的な勉強にも励んでいます。

  • 商業や経営、日本語を学んで
    両親の事業を継ぐことが私の夢。

    中国呉 柏彦さん(台湾)

    私の両親は事業をしています。その手伝いをしながら、ゆくゆくは後を継ぐことが私の目標です。そのために、商業や経営に関することを出来れば九州の大学で学びたいと思い、折尾愛真短期大学への留学を決めました。ここは静かで落ち着いた環境です。先生方は真剣に且つ優しく教えてくださいます。様々な国の人と友達になれますし、日本語のコミュニケーション能力もアップしますよ。両親の事業には日本語が必要ですので、その点も私にとっては大きな魅力になっています。

  • 経済的な負担が少なく、2年で
    就職できることも本学の特長です。

    ベトナムケーシーディーバックさん(ネパール)

    たくさんある日本の大学の中から折尾愛真短期大学を留学先として選んだのは、入学から2年で卒業できる短期大学であり、商業を専門的に学べるコースがあるからでした。短期大学は経済的な負担が少ないですし、四年制大学よりも早く社会に出られる点が特長だと思います。将来の夢は、日本のホテルに就職することです。留学中に本学で学んだことを活かしながら数年間は日本で働いて、その後はネパールに帰国して、日本で経験したことを伝えていけたらと思っています。

イベントスケジュール

四季に応じていろいろな表情を見せてくれる自然に囲まれたキャンパス。一生懸命勉強したり、クラスメイトとの友情を深めたり…緑いっぱいのこの学校でHAPPYなキャンパスライフを過ごしましょう!
4月 5月 6月
  • 入学式
  • オリエンテーション
  • 前期授業開始
  • 学友会総会
  • 後援会
  • 新入生歓迎バスハイク
7月 8月 9月
  • 前期授業終了
  • 前期試験
  • 夏休み
10月 11月 12月
  • 後期授業開始
  • クリスマスツリー点灯式
  • クリスマス礼拝
  • 冬休み
1月 2月 3月
  • 卒業礼拝
  • 後期試験
  • 卒業式
キャンパスライフ
活動概要
クラブ活動
国際交流
イベントスケジュール
学費・制度について
学費について
特待生・奨学金
資格取得支援