学科紹介

経済科 スポーツマネジメントコース

スポーツと経営の基礎知識を修得し、広く社会に貢献する人材を育てます。

少子高齢化の進む現代、人々の健康づくりを支える力が求められています。
スポーツマネジメントコースでは、スポーツと経営の基礎知識を修得し、社会に貢献できる人材を育成します。
スポーツ経験の有無を問わず学ぶことができ、マーケティング、経済、経営などスポーツ関連ビジネスに必要な知識やスキルを身につけます。また、スポーツが人々に喜びや感動を与えるしくみを学び、それを応用することでスポーツ以外の業界でも活躍できる人材を育成します。

スポーツマネジメントコースの特色
  • 【1】スポーツビジネスのスペシャリストを養成

    スポーツと経営を同時に学ぶことで、スポーツ関連企業で働く際に求められるマネジメント力、コミュニケーションスキルを身につけます。

  • 【2】幅広い業種に通用する知識

    経営学やマーケティングの基礎に加え、一般教養や経営理論、ビジネスマナーなどを修得することで、社会で幅広く活躍できる人材を育成します。

中心となる授業科目

スポーツ概論
トレーニング理論
スポーツ心理学
フィットネス理論
ビジネス実務総論
マーケティング論Ⅰ・Ⅱ
経営情報システム
コーチング論
卒業研究Ⅰ・Ⅱ
PICKUP科目
授業風景
トレーニング理論

トレーニングにおいて必要な身体運動の基礎知識について学びます。トレーニングの原理や種類を理解しトレーニング方法を適切に選択できるようになります。

授業風景
スポーツ心理学

スポーツの実践や指導にあたって心と体の関係性についての知識や技術を身につけます。

授業時間割(主な科目を掲載しています。)
1 ワープロ演習Ⅰ スポーツ概論 表計算演習Ⅰ スポーツ心理学
2 心理学 英語Ⅰ 簿記原理 ビジネス実務総論 簿記原理
3 経済の歴史と法則Ⅰ
(経済原論)
キリスト教学Ⅰ トレーニング理論 国語表現法Ⅰ ビジネス実務演習Ⅰ
4 総合ゼミナールⅠ サービス接遇検定対策講座

目的資格

  • ビジネス実務士
  • サービス接遇検定

※ビジネス実務士は、ビジネス実務総論とビジネス実務演習Ⅰ・Ⅱ(1年次前後期)の履修が必要。
※サービス接遇検定は、ビジネス実務演習Ⅰ・Ⅱ(1年次前後期)を履修すれば可能。

TOPICS

卒業研究Ⅰ・Ⅱ

個人やグループで調べたことをまとめ、クラス仲間と発表し合い議論し合う楽しい授業です。最終的には興味・関心のある分野について自由にテーマを設定して研究し、レポートや論文の形にまとめます。

卒業後の就職先

スポーツ関連流通企業、スポーツサービス業 他

学科紹介
商業コース
観光ビジネスコース
経営情報コース
スポーツマネジメントコース
総合ゼミナール
全コース共通フィールド