就職について

就職

入学時から内定獲得まで学生一人ひとりの就職活動に対するきめ細かいサポートを実施。 何でも相談できる環境があるから就職活動も安心!

就職開拓委員長画像

就職開拓委員長 石松 建男 教授

本学では社会で活躍するための人間力を培う「総合ゼミナール」に加えて、具体的な就職活動に備えるための力を身につける「就職活動支援講座」を設けています。そして一人ひとりの就職活動を適確にサポートしていくために就職開拓委員会を設置し早期の内定へと導きます。また定期的に学外の専門家を招き、講義に加え個別のアドバイスもいただくなどいろいろな方法により学生一人ひとりに対してきめ細かいサポートを実施します。

就職開拓委員会

キャリア担当教員、2年生のクラスアドバイザー、企業の採用業務経験者、就職支援担当職員で就職開拓委員会を編成し、求人先の開拓・求人情報の提供などに加えて、学生一人ひとりの就職活動の進捗状況を適時把握し、週1回のミーティングにより委員間での情報の共有化を図っています。

クラスアドバイザー

学生30~40人ごとに教員を配置し、2年間同じ教員が受け持ちながら学生との信頼関係を養っていきます。学期ごとに学生一人ひとりと個別に面談を行い、学業の目標の進捗状況や卒業後の進路、学校生活上の課題などをヒアリングしています。成績や欠席状況も把握し指導やアドバイスを行います。

就職相談室

学生の就職活動をサポートするために就職相談室を設置しています。就職相談室は主に学外の専門家と学生の個別の面談に使用しますが、会社情報の冊子・パンフレットやインターネットで閲覧するためのパソコンも備えています。

最近の主な就職先

(株)原製作所 アイスタイル(株) アサヒサニクリーン
アセットヒューマン 一番食品(株) 医療事務研究会
卯月商会 えんコミュニケーションズ 岡本自工(株)
遠賀信用金庫 かねやす 九州総合建設
共栄時計(株) 熊本県 鮮度市場 小倉第一病院
さくら国際言語学院 社会福祉法人 考徳会 ジャパントラベル合同会社
新水巻病院 玉木商事 ナビオコンピュータ(株)
日本郵便(株) 平川産業(株) 福岡銀行
福岡中央銀行 ブリックス・アセアン
経済交流協同組合
ホテルマネージメント
インターナショナル(株)
吉川工業(株) ライクスタッフィング (株)アンサー倶楽部
(株)エイジェック (株)グラノ24K (株)クレイブ
(株)ケイデンシステム (株)サンキュードラッグ (株)サンテック
(株)ステレオブライダル (株)タイラベストビート (株)ドラックストアモリ
(株)なかやしき (株)ナルミヤ (株)前翔
(株)モトーレン佐賀 (有)三涼

OGインタビュー

  • 少人数でのきめ細かい濃密な授業や
    異文化交流が私を成長させました。

    中島 聡美さん(平成25年卒業)

    折尾愛真短期大学に進学したのは、あらゆる分野での高い就職率と、さまざまな国の留学生と親密な交流の機会があるからです。留学生との交流はとても良い刺激で、高校時代に比べてより積極的になった自分に気がつきました。学友会活動にも役員として参加し、学園祭などを皆で力をあわせて成功させたことは楽しい思い出です。授業はどれも興味あるものばかりでしたが特に金融論の授業は好きでした。就職活動も、先生方の親身な指導や、クラスメイトと励まし合って、念願だった第一志望の金融機関に合格できました。 

  • 感動にあふれた
    かけがえのない2年間。

    芽組 真里菜さん(平成25年卒業)

    私は中学の頃からずっと硬式テニスをしてきました。折尾愛真短期大学は、全国大会で毎年上位に入る強豪校。私も1年生の時、全国短期大学体育大会で団体優勝を経験できました。きつい練習もありましたが、本当に嬉しかったのを今でもはっきり覚えています。学生生活で私が得た最大の宝物は、かけがえのない仲間や先生方です。

  • いろいろな人との出会い!
    折尾愛真短期大学での2年間は宝もの。

    豊島 咲樹さん(平成28年卒業)

    私は、奄美大島の高校から折尾愛真短期大学に入学しました。経済について強い興味を持っていたのがきっかけです。遠くでの生活に少し不安もありましたが、多くの友との出会いは、そんな私に元気を与えてくれました。新入生歓迎のバスハイクやシャロン祭と呼ばれている学園祭の楽しさは、「この大学に入って良かったなあ」と本当に思いました。ビジネス・経済に関する幅広い知識を少人数制授業でわかりやすく理解できることや、資格取得にチャレンジできるのも魅力でした。現在、希望していた仕事に就くことができ、毎日張り合いを持った日々を送っています。

  • テニスに国際交流!
    そして憧れのホテル業界へ。

    川口 詩織さん(平成29年卒業)

    私は、高校時代の仲間3人で短期大学に入ってもテニスを続けました。少人数、少ない時間で効率的に練習し、短期大学選手権を連覇したときは本当にうれしかったです。また、多くの海外からの留学生との交流のおかげで、私は今あこがれていたホテル業界でやりがいを持って働くことができています。就職活動は厳しかったですが、「誰よりも早く内定するんだ」という気持ちで毎日先生のご指導を受け、念願のホテルに就職することができました。 高校生の皆さん、早くから目標を立て、それに向かって進んでください。先生方はきっと力強いサポートをしてくださいますよ。

  • 硬式野球部での経験は
    今の仕事にも役立っています。

    田代 稔将さん(平成28年卒業)

    私の仕事は、ガス会社の営業です。主に工業用ガス、機械や工具などを販売しています。折尾愛真短期大学では硬式野球部の主将を務めました。辛いこともありましたが、今を乗りきれば必ず成長できる、と強く思い努力したことが、私の財産です。また、勉強や社会人としてのマナーなどを指導していただいたことが今の仕事に活きています。短大の2年間は本当にあっという間ですが、具体的な目標を持って過ごせば、充実したものになると思います。

  • 学んだ経済の知識や国際交流は
    私の財産です。

    藤井 愛子さん(平成29年卒業)

    私は、経済を勉強することや国際交流に魅力を感じ、折尾愛真短期大学に入学しました。経済の勉強は、幅広く大きく社会に目を拡げさせてくれました。多くの国の留学生との国際交流は、コミュニケーション能力を養成してくれました。大学で本格的にハンドベルを始め、部長として、技術のみならず企画・コーディネートなどリーダーの役割を果たせたことは、かけがえのない貴重な経験です。金融機関を志望していた私に、先生方は親身になって、ときには厳しくも暖かいご指導をくださいました。先生方との、この距離の近さも大きな魅力です。

就職について
就職
OGインタビュー