学科紹介

経済科 商業コース

幅広い視野と社会で役立つ実践的な知識と教養を育みます。

世の中にあふれる情報をビジネスに役立てるには、情報の取捨選択が必要です。
そのためには、ビジネス全般の知識と幅広い教養が不可欠。本コースでは、生活で必要な知恵や文化・教養、ビジネス実務に関する知識を深め「生きる力」を養います。
同時に、ビジネス社会の仕組みを学び、ビジネスに役立つ知識を修得。その他、心理的アプローチやコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、事務処理能力など、ビジネスに関する幅広い領域を学ぶことで実践力も身につけます。

商業コースの特色
  • 【1】「生きる力」を修得

    文化・教養を学び、ビジネス実務に関する知識を深め「生きる力」を修得します。

  • 【2】実践力を身につける

    専門および実践的な知識を身につけ資格取得を目指します。

  • 【3】ビジネス知識を学ぶ

    ビジネス社会で必要な基礎的な知識&スキルを磨きます。

中心となる授業科目

* ビジネス実務フィールド
ビジネス実務総論
ビジネス実務演習Ⅰ・Ⅱ
秘書学概論、秘書実務Ⅰ・Ⅱ
サービス接遇検定対策講座
* 販売・サービスフィールド
マーケティング論Ⅰ・Ⅱ
消費者心理学
商品企画開発
* 会計・金融フィールド
株式取引
コンピューター会計Ⅰ・Ⅱ
税務会計Ⅰ(所得税法)
簿記検定
金融ゼミ
PICKUP科目
授業風景
コンピュータ会計

コンピュータによる会計処理は、実社会において必須の技能となってきつつあります。コンピュータ会計Ⅰでは、操作の初歩から始めて、コンピュータによる会計処理の基礎を学び、 個人商店における処理へと進めていきます。コンピュータ会計Ⅱでは、コンピュータによる会計処理の基本操作が出来る ことを前提として、実践問題を通してコンピュータによる会計処理を学んでいきます。

授業風景
簿記原理

日商、全経簿記検定の3級・2級合格に向けた対策授業をとおして、簿記に関する知識と技術を修得。理論だけでなく、帳簿の記入方法、財務関連表の内容理解など実践的処理能力を身につけ、就職先での即戦力を目指します。

1週間の時間割
Mon Tue Wed Thu Fri
1 表計算演習Ⅰ ワープロ演習Ⅰ
2 経済の歴史と法則Ⅰ
(経済原論)
キリスト教学Ⅰ 簿記原理 音楽 簿記原理
3 消費者心理学 英語Ⅰ コンピュータ会計Ⅰ 国語表現法Ⅰ ビジネス実務演習Ⅰ
4 総合ゼミナールⅠ 医療事務講座Ⅰ 医療事務講座Ⅰ 簿記検定

目標資格

  • 簿記検定(日商・全経)
  • ビジネス実務士
  • サービス接遇検定
  • 秘書士
  • 税務会計能力検定

TOPICS

基本から実際のシミュレーションまで、
株式取引を学ぶ!

株式取引の基本的な知識を学ぶことで、取引の現状を全般的に理解することができるようになります。金融機関の具体的役割、実際のマーケットはどういう材料で動くかについて考え、証券に関する基礎知識が修得できるようになります。後半は学んだ知識を活かして、実際のマーケットに身を置いて、株のおもしろさ、利益の出し方、リスクとコントロールを学ぶことができます。

卒業後の就職先

ビジネスや金融に関する知識を身につけた多くの卒業生が、販売・サービス、金融業界で活躍中。医療事務などの資格も取得できるので、さまざまな業界への就職が可能です。

STUDENTS VOICE

川本 紅葉さん
資格取得に役立つ授業科目が多い!
川本 紅葉さん

私は商業のことを学びたいと思いこのコースを専攻しましたが、普通科の高校を卒業したため入学当初は不安でいっぱいでしたが、今まで触れたことのなかった簿記やマーケティングなど将来に役立つような内容が多かったり、先生と学生の距離が近いという本学の特性から気軽に相談することが出来るため心配ありません。専攻以外の科目も履習出来るため、自分のやりたいことを明確にすることが出来る機会が多いです。

学科紹介
商業コース
観光ビジネスコース
経営情報コース
スポーツマネジメントコース
総合ゼミナール
全コース共通フィールド